fc2ブログ
カメラde遊ingさん、名指しで申し訳ございません。
でも、お伝えしたくて。
この道具はかなり昔にブログで紹介したのですが、ご覧になっていないだろうと改めて記事にしました。
望遠鏡のレンズ押さえ環やアイピース、カメラなどの環を外す際に一度は失敗した経験があろうかと思います。
以下のようなカニ目レンチを使って外すことでしょう。
20230507 (3)

でも、このカニ目レンチって意外とグラグラしてよじれるというのでしょうか、環をうまく回せないのです。
その結果、環の溝を壊してしまったり、カニ目レンチが脱落してレンズをガリって傷つけることになります。
きっと、一度はやっているのではないでしょうか?
また、カニ目レンチの先はモノにもよりますが、先が構造上10mm未満にすることが出来ません。
ドイツアイピースの環は回せないことになります。オルソは特にきついですね。
そこで、これらを解決する道具を作りました。
20230507 (2)

この構造であればグラグラしないし、10mm未満にもなります。
(10mm未満の場合はナットを適宜取り外したり、ワッシャーにします)
ニードルタイプとマイナスドライバタイプの二つを作りました。
先を寄せて作っているので10mm未満になります。
(二枚目画像の下ですが、寄せられない方向にセットしてしまいました。逆に差し込めば寄せられます。)
また、望遠鏡のようにレンズ径が大きいもののために以下も作りました。
脱落してもゴムの部分でレンズに達っしないためレンズをガリってすることもありません。
この道具を作ってから環の溝を傷つけることがなくなり、レンズをガリってしたことは一度もありません。
カニ目レンチで外せなかった環も回せました。
20230507 (1)



スポンサーサイト



コメント

何度かガリッとしてますね(^^;)

1枚目のレンチともう一つ別のレンチを持っています。
幸いレンズに傷は付けていませんが銘板やカニ目溝は削れちゃったりしています。
以来、かなり力を掛けなきゃいけ無さそうな時は熱を掛けたり除光液を垂らして一晩おいてからやるようにしています。
2本持っているカニ目レンチのどちらも同じような構造でグラつきますね。
ゴムを装着するのはいいアイデアですね。
必要に迫られたらアイデアをパクっとさせて頂きます<m(__)m>

URL | カメラde遊ing ID:-

カメラde遊ingさんへ

コメントありがとうございます。
催促みたいで申し訳ございません。
また、返事が遅くなり申し訳ございません。
(謝ることばかり^^;)

自分で言うのはなんですが、このカニ目レンチは今のところ最高!です(^^;
特許取りたいくらいです。
もし必要になったら作ってみてください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)