fc2ブログ
今日は運転免許証の交付日でした。
最寄りの行政の大会議室で講習を受けました。
40年以上ゴールド免許だったのですが、2年くらい前に交通違反をしてしまい優良運転者から一般運転者になってしまいました。
で、そのような理由で講習を受けたというわけです。
あ~一般運転者か~って落ちこむことはなく、良い機会なので講習の在り方について考察しました。
20220915-1.jpeg

冒頭からネガティブな内容の座学から始まって事故の動画を見ました。
終始ネガティブな内容で語弊があるかもしれませんが、まるで「脅し」で身を引き締めなさいといったものでした。
実際に事故を経験した人や事故の加害者には感じるものがあったと思います。
でも、事故の経験がない人にとって動画を見てその場では感じるものがあったと思いますが、
少し時間が経過すれば忘れ去られるのではないかと思いました。
また、人それぞれですが、人は楽しい生活を求めるのは当然であり、このネガティブな講習を素直に受け止めるのか疑問です。
拒む人もいるかもしれません。
それよりも、人の思いやりから始まって、例えばご老人が横断歩道を渡っているお手伝いのシーンなどを動画にして、
本来、人が持っている思いやりの気持ちを引き出すことが大事だと感じました。
思いやりの動画と例えば煽り運転の動画を見せて、「あなたならどちらを選びますか?」の方が良いのではないか。
ボランティアの人は誰に教わることなく活動を続けておられます。
これは、人のためになったとか、自分に対する自己満足とかが原動力になっています。きっと。
動機が大切で、それは決して「脅し」ではないと思うのです。

心が豊かになるような講習にしてほしいと思いました。
講習を終えた後に講師の方に伝えました。同感していただけました。提案してみるともおしゃっていただきました。
譲る、支える、奉仕するが事故をなくす原動力になると思いました。
一般運転者の講習を受けてよかったと思います。
そして、改めて減点は自分に対する忠告なのだと実感して今日の眠りにつきたいと思います。
勉強になりました。
スポンサーサイト



 日記  2  -

コメント

講習

あたしは暫くゴールドなので最寄りの警察で簡単な口臭いや講習だけで済んでいます^^
それでも陰気な映像(事故写真&音楽)見せられると嫌な気分になるわ^^;
もっと前向きになれるようなのも欲しいですねぇ。

別件ですけどいつも思うのは交差点や踏切での隠れ取り締まり。
もしそこで事故が起きたとしたら眺めていただけで防止には何の役にも立ちません。違反者を作ることが目的になっている気がする。反則金が予算になっている?<それが面白い?

クリちゃんさんへ

コメントありがとうございます。

ずっとゴールドだったのに1点減点やってしまいました。
しかも、秋葉原のスタベに望遠鏡を取りに行くところでした。

隠れて取り締まり。全くの同感です。税金取りなんですね、きっと。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)