fc2ブログ
今夜は工具に対する考え方の記事になります。
私にとって工具とは目的を達成するための手段と思っておりますが、
目的を達成した時に「ありがとう、君で良かった」と感謝しています。
工具に対しての楽しみ方というのは色々あると思います。
手にして満足される方、飾って楽しむ方、私のように目的を達成できて良かったと思う人、多々あります。
いずれも心が豊かになれば「大満足」です。
この記事で何が言いたいかということですが、「手に入れるなら品質の良いもの」をということです。
工具の品質で目的の結果が結構異なります。
私1950年代生まれの人間で、工具に接してかれこれ50年以上になります。
その経験から是非お勧めしたいことがあります。

まずは、ご紹介したいのは、はい、この画像です。
20220909 (6)
これは今は存在しない工具メーカーで販売されていたモンキーレンチです。
メーカーがわかると問題なのでメーカーはわからないように撮影しました。
焼き入れがされていないのか、掴むところの鉄がめくれあがっています。
これではきつく締まったボルトを回せるわけがありません。
50年くらい前に中学生の少ないこずかいで購入したものです。これでも結構活躍しました。
大切な思い出なので未だに大切に保管しています。

その一方、同じころに購入した通称「えびさん」のモンキーレンチです。(正式にはロブスター」さんです。
20220909 (5)
20220909 (4)
焼き入れがしっかりしているのでいまだに大活躍しています。
子供心に工具は品質が大事なんだと思ったことを思い出します。

次に同じく50年くらい前?に手に入れたペンチです。
20220909 (3)
20220909 (2)
「FUJI-YA」さんのものです。
良い工具は今でも健在で活躍中です。
ただし、この時代の工具はメッキなどの表面加工は施されていないものが多く錆びやすいです。
思い出もあるので自分でブルーイング・黒錆び加工を行って大切にしています。

今日の記事で言いたいことは、「加工やメンテの結果を期待するのであれば、良き工具に頼って」ってことです。
と、少々強引な内容になりますが、皆さんも是非ご参考にされてください。
50年前の工具が今も活躍するって嬉しいですよね。

因みに、私の工具のメインはソケットやレンチ類が「KTC」と「Deen」で、ドライバーは「PB」です。
つまむ系は「えびさん」や「Koken」、ニッパは「Deen」です。
インパクトドライバーは「日立」ですが、最近「パナソニック」の新製品に興味あります。
家庭菜園系の機械は「マキタ」です。

以上、独り言的記事でした。





スポンサーサイト



 日記  6  -

コメント

ヤワな工具は相手を傷めたりしますからね、長く使うには精度の良いしっかりした物が結局はお買い得かしら。
行きつけの車屋さんはスナップオンのが良いと言ってたわ。メッキも厚いって。

URL | クリちゃん ID:WpOzX352[ 編集 ]

クリちゃんさんへ

早速のコメントありがとうございます。
私はモノ作りとか、メンテナンスが大好きなので結果的に工具に期待している面が多々あります。
スナップオンは工具業界ではステータスシンボル的存在で、特に自動車業界では憧れの工具です。
京都の有名な工具企業でKTCがあります。
この企業ではネプロスという特別な工具を世に出しています。

URL | Taki ID:7ruIZ9P6[ 編集 ]

横入りすみません

車屋さんで、スナップオンについて聞いてみた事があります。
”やっぱいいんですか?”の質問に”大切な預かり物を扱うのにこれ以外の工具は使えません”と言っていました。
良い悪いの前に信頼性(品質とサポート)との事でした。
それらが良いから高いのは当たり前で、金額では見ていないと付け加えて言っていましたよ。

URL | カメラde遊ing ID:-

カメラde遊ingさんへ

お久しぶりです。
工具の記事で、あれこれと言いましたが、
その前に、まず心のうちを話したいと思います。

私のブログの記事、随分と間があきましたが、
こうやってコメントをいただきましたこと、訪問していただいていることに感動し、感謝しています。
本当にありがとうございます。
カメラde遊ingさん、感謝しております。
このリプライだけでもう満足です。

でも、そうはいかないのでリプライしておきますね。
スナップオンは品質の良さやサポートは世界的に見て最高レベルだと私も思っています。
車などでは錆びによってボルトなど回せないと思えるものでもしっかり食い込んで回せるのがスナップオンだと聞いています。
私はプロではないのでこれ以上の評価はできませんが、プロの方々は口をそろえてそうおっしゃっています。
一式購入するとなると軽く100万円は超える投資になります。
なので、買い替えはそうたやすいものではありません。きっと。
逆に言えば、他の工具を試すことを想定していないのかもしれません。
京都のKTCではネプロスというスナップオンに対抗するプロダクトを提供しています。
くどいですが、プロでもない私が感じていることはスナップオン以外もで顧客の大切な車を整備するに十分な工具であると感じています。
最近ではファクトリギアという会社が独自に開発したDeenという工具を世の中に提供しています。
有名な自動メーカーに認知され公式工具として実に工具の半数規模で使われているそうです。
私もDeenを品質面で信頼し使っています。
スナップオンは都市伝説的な面もあるのかなーって素人的に思っています。

まあ、素人が扱う工具ではスナップオンのような品質を求めていないのですがね。
DeenやKTCは日本の工具なのでサポートしてゆきたいと思っています。
因みに、Deenはドイツで生産されていると聞いています。

カメラde遊ingさん、訪問とコメント、ありがとうございました。

分かりますよ(;`・д・`)ウンウン

自分もスナップオンは一つも持っていませんがKTCは持っています。
いいモノって一つじゃないんですよね。
立場で最高の評価をされるモノを必要とする場合もあるんでしょうが、それと同じような品質&性能のモノは他にもあると思います。
自分で使ってみて自分の手の届く範囲でいいモノを選ぶ眼力を養いたいと思います。

URL | カメラde遊ing ID:-

カメラde遊ingさんへ

再度コメントありがとうございます。
おお、共感していただけますか。ありがとうございます。
分かり易く一言で言えば、
私がこそこそやっている内容にスナップオンまでいらないのです。あはは

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)