fc2ブログ
関東地方は梅雨に入ったみたいで毎日のように雨が降っています。
暫くは星を観ることが出来そうにありません。
よって、天体に無関係な記事を書くことにしました。

星空夢工房天文台が完成した時に川崎天文同好会の会員の方から頂いた胡蝶蘭の育成状況を記事にします。
観葉植物は水やりがとてもシビアであげすぎると根が腐ってしまい、あげなければ枯れるわけです。
この水やりの加減が難しいです。
成長の早い一般的な植物においては水が足りなければすぐに葉がしおれてくるので水やりのタイミングが分かり易いです。
でも、観葉植物は水に対する感度が鈍く、しばらくしてから症状が出ることが多いですね。
鉢の表面の土の乾燥具合で判断もありますが、土の中がどのような状況になっているのかわかりません。
以前に、表面が乾燥しているので水をあげたら枯れそうになったことがありました。
そこで、そんな悩みを持っている方々に紹介したいグッズがあります。
はい、以下の画像の通りで、「水やりセンサー」です。
(広告を目的にしていないため、商品名の記載は控えます)
20210520-3.jpeg

胡蝶蘭の鉢に刺した状態です。
以下、引用です。
------------------------------------------------------------------------
世界で初めて家庭用水分計で「pF値」を採用
pF値(有効水分域)を家庭用水分計では世界で初めて採用。
それは、植物の空腹度とも言える「根が水を吸う力」の可視化です(特許第5692826号)。
栽培農家などプロが使うクオリティで、根腐れや水枯れなど、水やりの失敗を防ぎます。
さらに精度を高めるために、東京農業大学との共同研究や栽培農家との実証実験を、繰り返し行っています。
------------------------------------------------------------------------

水が十分であればセンサーの色が青くなり、足りなければ白くなります。
観葉植物は若干水が足りないくらいの状態が好ましいようですので、
青というよりも薄い青がベストのようです。(経験値)

別の観葉植物にもさしています。
20210520-1.jpeg
20210520-2.jpeg

これを使ってから水やりの失敗がなくなりました。

それと、これも経験値なのですが、土には良きバクテリアが存在することが良いみたいです。
これはアクアテラリウムから学びました。
小生は熱帯魚用のバクテリアを鉢に注いでいます



スポンサーサイト



 日記  5  -

コメント

こういうの有ると重宝しますねぇ。
あたしは知らなくて、水を上げ過ぎて枯らしてしまいましたorz
可哀そうなことをしたわ(TT

クリちゃんさんへ

早速のコメントありがとうございます。
安価なので試してみてください。
これを導入してから失敗はほぼなくなりました。
水を上げる際はセンサーを抜き、あげ終わったら刺しなおすのが良いみたいです。
コツはセンサーと土の接触具合です。
水があるのに接触しないと水がないかのようにご認識します。

★初耳です★

Takiさん、皆さんこんにちは

おーこれは面白いもんでつ。(^0^;
電子式で水分を測る訳ですネ。
土のペーハー測るの持ってますが、最近は使ってません。

(^0^)は植木鉢に割り箸を指しており、これを引き抜く事で
水分量を見積もります。
すなはち、濡れていなければ水やりします。

。。しかし、これでは植物によって水分を加減するの難しい。
やはりココは計測してからなんでしょうネ。(∼ ∼;

URL | (^0^)コメト ID:HsN6Hojc[ 編集 ]

コメトさんへ

すみません、急用でリプライ遅れます。

コメトさんへ

返事が遅くなり申し訳ございません。
急用ができてしまい急ぎ連絡した次第です。

この水やりチェッカー優れものです。
是非使ってみてください。
お陰様で胡蝶蘭は元気に育っています。
早く知りたかった優れものです。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)