fc2ブログ
「惑星撮影システムの理解」と題して記事にしました。
なぜこのようなタイトルで記事にしたかと申しますと、
前回の記事「Captureの検討 」で、ある方から質問があったためです。
小生はそれほど詳しくないので、今から書く記事は小生の理解ですので、
必ずしも正しいとは限りません。
断定的な書き方をしますが、どうぞ、そう理解をお願いいたします。
また、ご意見、訂正などご遠慮なくコメントをお願いいたします。

ある方の質問は以下の通りです。
「Firecaptuerで「AVI」と8bitの「SER」はどのように使い分けるのでしょうか?
bitもファイル容量も同じだし、どう違うのか悩んでいました。」

質問への回答も含めて小生の認識は以下の通りです。

【PCの転送レート】
カメラの性能やキャプチャソフトの仕様による転送レートの検討をすることがあります。
どれくらいのフレームが稼げるかなど。
その前にパソコンがネックになっていないかを確かめる必要があります。
最近のカメラはUSB3.0仕様になっているものがほとんどです。
しかし、パソコンがUSB3.0仕様になっていても記憶媒体がそれを満足しているかが重要です。
USB3.0の転送レートの最大値は500MB/sです。
記憶媒体がHDDですとまずそんな値は出ないです。(HDDの仕様上)
SSDにしてもSATA2.xですと300MB/sです。
SATA3ですと600MB/sが可能ですが、パソコンのチップセット次第で500MB/sが
出ないことが多々あります。
これはSDカードの「クラス」のようなものと同じです。
フルサイズのカメラで動画撮影する場合にSDカードへの書き込み速度で律速させないためです。
まず、パソコンで頭打ちになるのがどの辺りなのか認知する必要があります
これを知らずしてカメラの性能やキャプチャソフトの設定を変化させた実験には矛盾が出来てきて悩むことになります。
8ビット/16ビット、AVI/SERの実験が意外と別の要因でネックになっている可能性があります。

【FireCapureの設定】SERの場合
どのキャプチャにも共通して言えることですが、
フレームレートは画像サイズとシャッター速度、ビット数(8/16)などで決まります。


FireCaptureのメニューには以上のように
16ビットというスイッチボックスと、High speedというものがあります。
このスイッチボックスの組み合わせ仕様を理解していないととんでもない結果となります。
結論から申しますと、以下の通りです。
16ビットをチェックしない場合は8ビットになります。
カメラのADC出力が10ビットでも12ビットでもまるめられて8ビットになります。
この状態でHigh speedをオン/オフで転送速度が約2倍変化します。

16ビットをチェックした場合はカメラのADC出力がそのまま出てきます
(10ビットまたは12ビットという意味で)
この状態でHigh speedをオン/オフしても転送速度は変化しません。
8ビットを超えるビット数ではUSB3.0の仕様上、これ以上High speed化しても
無意味と考えたようです。
つまり16ビット・オンではHigh speed機能を停止しているようです。
また、意外と重要なオプションとして、上記の「USB Traffic」です。
これはUSBのTrafficに制限をかけるものです。
小生は最大の100%にしています。(添付した画像では100%にしていないですが)
変なところで律速させたくないですので。

次に、【AVIとSERの使い分け】
ADCが10ビット以上のカメラが多く出没していますが、
AVIで撮影すると自動的に8ビットに変換されてしまいます。
(そう言う動画の仕様です)
例えば、惑星撮影であればセンサーのSNRから8ビットでも
十分だと思っています。
SERは8ビットでは不十分だと思われる際に使用します。
AVIを選択した際には8ビットなので上記の16ビットが選択できないです
また、SERを選択しても上記の16ビットを選択しなければ8ビットでAVIと同じです。
ただし、動画のヘッダー情報はそれぞれAVIだったりSERが記録されており、
その情報を入力して動画のプレーヤーが再生可能か判断している場合が
あるので8ビットであれば汎用性のあるAVIでの撮影が無難です。
小生の場合、将来的に高性能なカメラが出てきた際に過去のカメラと比較するために16ビットSERで撮影しています。
ただし、転送レートに支障が出るような月のような明るい対象では
シャッター速度を限界まで小さくしAVIにしています。
月はモノクロに近いので8ビットで十分かと(^^;

スポンサーサイト



 日記  8  0

コメント

No title

タキさん今晩は。
なんだかよくわかりません。このような専門的な知識は持ち合わせていませんので‥。
私は最近FireCap.は使っていません。なぜなら今メインに使っているASI294MC ProはFireCap.だと冷却ができないからです。尤も、惑星撮影では冷却する必要はあまりないみたいですけど‥。
今はSharpCap.を使っています。こちらの情報はありませんか?。

URL | mn3192 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

今朝方、晴れていたので、ToupCam+FireCaptuerのテストをしていたのですが、ASI120MMに比べるとゲインが挙げられないので、低輝度ではやや不利かもしれません、、
で、SERで保存しとこ♪と思って撮ったのですが、やべー・・・16bitチェック忘れてました、、やっぱり寝ぼけ眼で撮ってもダメですねぇ、、(;´д`)トホホ…

URL | UTO ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

先日木星を撮るのに3倍バロー使ってROIを大きくしたらFPSが遅くて、、(><
カメラはUSB3.0なのにPCがUSB2.0だからなんでしょうねぇ、新しいPCが欲しいわ。PCもSSD搭載のものかなぁ、、、。

訳分からないこと多くて、いろいろ参考にさせてくださいな(^_-)-☆

URL | クリちゃん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> mn3192さん
こんばんは
コメントありがとうございます。
そうでしたか。
何か役に立つかと思いました。
ご意見も欲しかったのです。

冷却タイプをご購入されたのですね。
おめでとうございます。
いいなぁ~僕も冷却欲しいです。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> UTOさん
こんばんは
コメントありがとうございます。

>16bitチェック忘れてました
そうなんですよね。小生も時々忘れてしまって、
後から気付く。そしてがっくりしたりします。
チェック表を作らないとだめだと感じています。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> クリちゃんさん
こんばんは
コメントありがとうございます。

USB2.xで決まっているのか、撮影条件で決まっているのか・・・
色々調べてみる価値がありそうですね。
とにかく、シーイングの悪い日本ではシャッター速度を
いかに小さくするかがポイントのようです。

MSのSurface使っても別に律速しているみたいで速度があがらないです。
困ったものです。
今後もこのような記事を掲載してゆきたいと思っていますので
ご意見をお願いします。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

わざわざ記事にしていただいてありがとうございます。
内容が難しくて完全には理解できていないとは思いますが、大変参考になりました。ビニングについても勉強させていただきました。
ありがとうございました。

URL | izumi ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> izumiさん
こんばんは

いえいえ、小生もそんな詳しくないです。
また何かありましたらご質問なさってください。
知っていることは記事にしたいと思います。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)