fc2ブログ
オートガイダーを使用して天体を撮影してきてから
ずっと謎であったことを告知すると共に、
ご存知の方がいらしたら是非教えてください。
どうにも判らんです。
まずは以下の画像をご覧になってください。


これは自宅の庭でテスト的に撮影したM42です。
【基準点を設けず、単純に画角でコンポジットしています】
テスト撮影なので露出時間など写真の出来栄えなど一切考えておりません。
恒星の移動する状況を説明するために撮影したHα画像です。
Hαを10分(だったかな?)をインターバル5秒で数枚撮影したものです。
途中でガスってきており輝度に変化があります。
途中で何回か中断する時間(または強風で流れた画像をリジェクト)があったために連続になっていない部分があります。
テスト中は終始PHD2でオートガイドしています。
【撮影鏡筒はTSA102  カメラはQSI690  ガイド望遠鏡は6cmF7】
1枚1枚では恒星は流れていませんが、オートガイドしているにも関わらず
構図がシフトしています。
極軸はPoleMasterでほぼ合っています。
仮に極軸がズレているとすればガイド星を中心に回転するように恒星が流れるはずです。
ガイド星は構図から少し外れた恒星でガイドしているようです。
ガイド望遠鏡が固定ですとガイド星ってどれだかわからないのが現実です。
まあ、そんなことは良いでしょう。
構図からかなり離れたガイド星であれば回転が判りにくいかもしれません。
でも、10分も露出していれば1枚に写っている恒星もガイド星を中心に少しは流れると思います。
これってどういうことなのでしょうか? なぞです。



スポンサーサイト



 日記  17  0

コメント

No title

1つ思い当たる所が有ります。
ディザリングがONになってないかな?
露出中は恒星追尾でインターバル中に少し構図をズラして、星基準でコンポジットしたときにカメラの同位置に発生するノイズを薄めてくれるって機能だけど。

URL | アイちゃんです! ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

はじめまして。
以前にどなたかのブログで拝見した考察ですが、PHDはガイドの補正をした時に果たして都度戻した位置を基準にガイドを続けているのか?って話がありました。ターゲットに対し都度ある程度戻した位置を新たな基準としてガイドを続けているのではないか?って事ですが、私もそんな風に思っています。大きく補正が出てしまったがなんとか点像で収まったって時にずれます。全く暴れなかった時はズレたとしてもわからない程度です。極軸が決まっているならあえてDEC補正はOFFってる方が良いのかなって思うときもあるのですが。。。

URL | こたろうさん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

すいませんわかりずらいですね(笑)
ガイドの基準はあくまでスタート時のガイド星があった場所であって、ガイド星では無いって事だったと思います。
見かけ上のガイド星の動きと実際の星の動きは必ずしも一致していないので、星を追いかけ回していると一枚あたりは良くても長い時間で徐々にズレが生じるって言う意味だと思うのですが私も解決してはいません。ただ向きや天候でズレ幅が変わる気もするので、そうなのかなって思います。

URL | こたろうさん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> アイちゃん
コメントありがとうございます。

Maxlm-DLを使っています。
真っ先にディザリングを確認しましたが、offになっていました。
ううむ、謎が深まるばかりです。
キャプチャソフトに原因ありそうなことは理屈でわかるのですが、どうにもわかりません。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> こたろうさんさん
コメントありがとうございます。

え!PHDってそんなアルゴリズムなのですか?
でも、PHDがガイド星を変更するタイミングと
カメラがインターバルの時と同期とれないはずです。
ううむ、更に謎が深まりました。
やはりキャプチャソフトかも。隅々までキャプチャソフトを調べてみるかな・・・

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

個人的には、たわみだと思ってます。が、どうなんでしょうね。
まぁ、何もしなくても、ディザガイドしてることになるわけで、個人的にはヨシとしています (^^ゞ

URL | UTO ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

勝手にディザしてくれてるって事で良しとしてもいいに1票

URL | アイちゃんです! ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
少しずつ動きますね。
Pixinsightでコンポジットすると画像が少しずつ動いている様子がよくわかります。
こたろうさんの説が説得力がありますね。多分、そうなんだろうと。

URL | マルさん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

勝手にディザには少し異論があるのですが、たいてい一方向に流れるので縞模様ノイズの原因になっているのではないかと思いますがどうなんでしょう。

URL | マルさん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> マルさんさん
そうなんですよね。天然ディザーって思えばいいのですが、クールピクセルによる縞ノイズ(引きずりノイズ)の原因になりうるので困ったもんです。。。。

URL | こたろうさん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> マルさん
こんばんは
コメントありがとうございます。ご無沙汰しております。

そうですか、マルさんも「こうたろうさん」と同じご意見ですか。
最近になって諸事情でPHDを使い始めました。
小生の知らない技とかあるのかもしれません。
色々調べて勉強してみますね。
ありがとうございました。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> こたろうさん
再度コメントありがとうございます。
ううむ、勉強不足か・・・
ありがとうございます。助かります。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> アイちゃん
あ!ごめん順序が逆になりました。
気にせずやりたいところなのですが、このズレ量は構図に影響があって困ってます。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

はじめまして。
この画像では赤経方向にずれていますね。
赤経軸ウォームギアにバックラッシュがあり、かつ、
西側が重い場合、更に南中前後で写野が
東へ東へずれて行くのではありませんか?
東側をやや重くすると、ひとまずは解決しそうです。
PHD2を使っていると、時々このような現象が出ます。
PHD2は赤経側に再現性のないバックラッシュがあると妙な挙動を示します。
赤経側のバランスが良すぎてもダメです。
西側が重いと、ある瞬間にウォームギアの当たりがフワッと浮いた状態になります。PHD2はこれを理解できず、東へ補正してしまいます。それでも、同じ位置に戻してくれれば写野ズレは無さそうですが、
何故か東側に基準点を移しているような挙動があります。結果、PHD2では星をロックオンしているのに、写野が東側にずれます。
鏡筒のタワミがある場合は、ロックオンしていても星像が流れるので挙動が異なります。この場合はオフアキで解決できます。

URL | ☆男(hoshiotoko) ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ☆男(hoshiotoko)さん
はじめまして。アドバイスありがとうございます。

なるほど、PHDはそういった癖があるのですね。
最近PHDを使い始めたのでよくわかりませんでした。
次回撮影する際にはアドバイスを思い出してバランス等調節してみます。
バランスを取り過ぎてもダメなんですね。
わかりました、ありがとうございました。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは。
上の私の書き込みで間違いがあります。

誤:写野が東側にずれます。
正:写野が西側にずれます。

再検証にて、やはり原因はタワミであるとの結論に
達しました。

URL | ☆男(hoshiotoko) ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ☆男(hoshiotoko)さん
こんばんは
再度コメントありがとうございます。

誤記とのこと、わざわざありがとうございます。
検証までしていただき、感謝いたします。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)