fc2ブログ
天体写真における大気の塵の影響

2014年4月26日での天城高原で観測した結果です。
どれくらいの高度になれば大気の塵の影響が少なくなるか調査しました。
まずは画像をご覧ください。

さそり座アンタレス付近です。
矢印に示す微光星の「明るさ」を時間の経過にしたがってグラフ化しています。
10分間隔で1~19(190分間)まで観測しています。
今回の測定ではRGB三色分解してBのみを観測しています。
6番目(4/27 0:37)くらいで飽和しています。この時の高度は25度です。
25度くらいになると影響が少なくなっているようです。
ご承知の通り伊豆天城は南側が太平洋なので内陸地とは異なって
塵が少ないかもしれません。

表の見方(マカリ使用)
測定するに選ばれた恒星はマカリ表示上では画像のようになります。
ObjPixは選んだ恒星を囲む赤い円の中の画素数です。
Obj総カウントは、赤い円の中の画素の明るさの値の合計値です。
つまり恒星の明るさです。

一方、Sky平均は空の明るさの平均で、黄色い二重円の中の明るさの平均です。
測光結果は、恒星の明るさから背景の空の明るさを引きます。
測光結果 = Obj総カウント - Sky平均 X ObjPix です。

天体観測を初めてみました。何かアドバイスなどありましたら
コメントをよろしくお願いいたします。
系外惑星のトランジット法観測や食連星の観測もやりたいと思います。

スポンサーサイト



コメント

No title

低空のチリの影響は通過する大気層の厚みに比例するはずなのでもっと滑らかな曲線で透過率が改善すると思っていたけど、意外な結果で、ちょっと驚きです。
空気が薄い富士山の五合目と地上では結果は違うのかな?

URL | ヨネヤン ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

伊豆で塵の影響は風向きによるところが大きいのではないでしょうか?

湿度も大きく影響すると思います。
塵があると水滴が塵を種にして育つのでさらに透明度が悪化しますね。

2000M以上が恋しいです。 若しくは南半球(笑)

URL | ビスタです ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

私も、25度辺りで飽和というのは意外な気がしました。
減衰率には大気層の厚さ、水蒸気やPM2.5などのパティキュラーの分布など様々なパラメータが影響するので結果の分析は難しいところですね。
ちなみに横軸を高度(角度)にして散布図で整理していただいた方が分かりやすかったと思います。

URL | マルさん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ヨネヤンさん
コメントありがとうございます。

横軸が時刻のため高度に対してはリニアではないので次回から高度に変換してみます。

海上の塵の状態はどうなっているのか分かりませんが、
今度は場所を変えて色々試してみるつもりです。
でも、同じ条件で測定できないので単純な比較はできませんね。

追伸:この観測日はヨネヤンさんと伊豆に行った日です。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ビスタさん
コメントありがとうございます。

ごもっともなご意見。そう思います。
川崎など都会だとどうなるのか観測するのが楽しみです。
天気が悪くて観測できない日々が続いていますが。
2000メートル級の場所で天体写真撮影したいですねぇ~
やはり南半球は良いですよね。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> マルさん
コメントありがとうございます。

小生もこんな結果が出て少々意外でした。
海上だからですかね?
次回から横軸は高度にしますね。
変換が面倒になってしまって(^^;
観測者にはあるまじき行為でした。あはは

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おお、これは素晴らしい貴重なデータですね!
当地はPM2.5の影響が酷いので、
もう少し高度を要するかもしれません。

小生も一度惑星トランジットの観測をやりたいと思っていました。
機材とソフトウェアは揃えましたが、
肝心の天気が・・・・・(笑)

URL | ウラカン ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ウラカンさん
こんばんは。コメントありがとうございます。

一緒にやりましょう!!やりましょう!!是非!!
情報交換させてください。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)