fc2ブログ
大変でした
 
アクアの趣味があることもお話しました。
マイ・アクアに2大事件がありました。
(1)藍藻が大発生
(2)LED照明が壊れる
 
では(1)から報告します。
藍藻ってご存知でしょうか?
アクア(淡水)ライフで一番やっかいな苔です。
とにかく、臭い! 部屋中匂います。
苔といっても、藍藻って実は菌なんです。
青苔であれば薬品を使えば簡単に駆除できます。
薬品といってもバクテリアを殺さないですむ特殊な薬品です。
青苔退治によく販売されている「青コケ取り」使用前後なんて
記載のあるやつは絶対に使用してはいけません。
あの手の商品はバクテリアを殺してしまいます。
確かに見た目は水が透き通って青コケがなくなりますが、
バクテリアのいない水は直ぐに魚にとって悪い水になります。
糞を分解できない状態に陥ります。
 
藍藻の話に戻ります。
藍藻に効く薬はありません。どうやらリンの濃度が高くなってしまったようです。
藍藻とは下記画像の水中モーターの左とか裏のガラスにこびりくっついている
緑色のやつです。電源コードについている筋状の苔は「黒ひげ」と言います。
ちなみに、黒ひげは流れの速いところに繁殖します。 

 
 
この藍藻が水槽全体に広がってしまいました。
これが出ると水槽を全てリニューアルしないといけないといわれる
くらいやっかいなものです。
(画像では改善後のものなので、びっしりついていません)
そこで、色々経験したことから、思いついたのです。
魚には過酷ですが、通常の水温26度を28度に上げました。
トライ1週間目は29度まで上げました。
一般的に菌というのは繁殖に適切な温度というのがあります。
もしかしたらと試してみました。
更に光合成で繁殖するので2週間暗くしました。
更にエアレーションを入れて、高濃度のバクテリアを入れました。
動物性が植物性を食すると考えました。
 
そしたら、

 
この通りすっきりになりました。
藍藻にお悩みの方々、お試しください。
 
(2)LED照明が壊れる
 今まで↑のようにLED投光器を使っていました。
アクア専用だと数万円します。この投光器は5千円です。
中華製なので心配していましたが、案の定壊れました。
1年2カ月の命でした。LEDの寿命は40000時間とか言われて
いるのに・・・
分解してみました。

 
右側がACをDCに変換するAC-DCコンバータ&安定器です。
電流リミッターの役割もします。
LEDが壊れたのか、この安定器が壊れたのかを調べるために、
結線を切りテスターで電圧等を調べてみました。
LEDなら簡単に交換できます。
期待を裏切られ安定器でした。とほほ。
電圧は38Vでした。え~!38Vなんて汎用にないよ。
スイッチング・レギュレーターを作ればよいのですが、
結構費用かかります。それなりの電流も流さねばなりません。
 
あ~どうしよう。新規にまともな照明を買おうかな・・・
一応熱帯魚屋に行ってきました。
「信頼性があるものを」ということで衝動的に買ってしまいました。
それがこれです。

 
メタハライド照明と言います。波長と照度が太陽光に近く水草に最適。
結構高価ですが。(5万~8万します)
アクア用LED照明は低消費電力ですが、波長が水草(光合成)に合いません。
思い切って買ってしまいました。
水槽内はまだ完全に藍藻が取りきれていません。

 
ストロボをたかないと↑のような、ちょっとオシャレな感じです。
パールグラス(水草)が綺麗に底面に茂っていましたが、
藍藻大繁殖のおかげで一緒に絶滅してしまいました。

スポンサーサイト



コメント

No title

実に多趣味のタキさんですね 頭が下がります。

私の家にも金魚飼っていたのですが 水替えはいつも私の当番で嫌気がさして止めにしました。

URL | ミュートン ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミュートンさん、こんばんは
早速のコメントありがとうございます。

多趣味ですか、確かにそう言われても仕方がないですね。(汗)
好奇心旺盛な性格なので治りません。
実はブログ化していませんが、他にも色々ありまして(更に汗)
なんか、じっとしているのがダメなんですよ。
曇って天体関係ができなければ、釣りとか畑とか。
今はやってませんが、トライアスロンとか。
なにかしていないと、イライラしちゃうんです。

今まで、一番極めたのは釣りですかね。
昭和64年度(平成元年)に横浜市の某チャンピオンになったことがあります。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

藍藻は厄介ですよね。気を抜くと知らないうちに大繁殖していて水槽おじゃんです。温度あげて暗くしてエアレーションですか。今度発生したら試してみます。
中華製のLED購入しようか考えていましたが信頼性が不安ですね。安いの買って家が燃えたら大変です。で、いきなりメタハラ行ってしまうタキさんも財閥ですね~
でも信頼性が一番ですから正解だと思います^^

URL | RUKU ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おっと、アクア友達でもあるRUKUさん
こんばんは

実は飼育している魚に、クラウンローチがいまして、
乾燥赤虫をあげていました。
今までは大丈夫だったのですが、
パールグラスを育てるためにCO2を加えていました。
リンの濃度が上がる結果となってしまったようです。
バクテリアがCO2のせいで繁殖が抑制されてしまったのだと結論。

メタハラは特価で超お安い価格になっていました。
半額以下でした。財閥ではないですよ。
実はイプもローン中です(汗)

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

多趣味ですね~(^^)
私は今年の五月に子供の情操教育に金魚を飼い始めたのですが、一ヶ月も立たずに全滅してしまいました。魚は難しいです・・・(^^;;

URL | ひろし ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ひろしさん、ちょっとお久しぶりです。
金魚ですか。
すみません、金魚は割と簡単に飼育できます。
でも、雑食性なので水がよごれますよね。
ろ過装置が命なので、次回からろ過を工夫されると良いでしょう。
再度飼うようなことがあったら、
超簡単でお安く、確実にできる方法を教えます。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

タキさんはこちらの趣味もお持ちなのですね。
本当に多趣味で器用で。一体どういう人なんですか!?

当家ではドジョウとメダカを大量に飼っています。
その辺の田んぼから適当に捕ってきたものなので、
エビが入っていたりタニシ?が入っていたり。
適当に水槽に入れて何もしていませんが、
生き続けていますねぇ。

藍藻って菌なんですね。カビとかと同じなのか。
藻類だから放っとけばいいやと思ったら、
そうではないのですね。
当家のも確認してみます。

URL | ウラカン ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

・タキさん

おはようございます。

あちゃ~(>_<)

やっかいな藻がでましたね~。

確かに水槽を全洗い&水温を上げるのは

僕も試した事があります☆

でもタキさん程にてき面に効果があった話は

なかなか聞いた事がありませんでした♪


僕も経験がありますが

匂いもそうですが、見栄えが嫌ですよね…(>_<)

あと、水草にも大量に付くし…。

この手の藻で

アクアライフを辞退する方もいるくらいですから…。

URL | paulsmith ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ウラカンさん、おはうようございます。
ここにもコメントありがとうございます。

ええ、正直多趣味です。
したがって、どれもこれも中途半端ですね(汗)
>当家ではドジョウとメダカを大量に飼っています。
生き物を飼うのは子供の教育には良いですね。
大きい水槽が欲しくなりますよ。
水族館みたいにしたくなりませんか?

藍藻はずばりカビですね。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おっは~ タキさん。

>実はブログ化していませんが、他にも色々ありまして>(更に汗)


へへ皆さんから多趣味の文字が続々と・・
この際すべてを暴露しなさいよ~(笑)

URL | ミュートン ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

たいきちさん、おはようございます。
おっと、コメントの雰囲気からして
アクアには詳しそうですね

藍藻を退治できたという話は滅多に聞きませんね。
運としか言いようがありません。
でも、僕は幸運に恵まれそうです。
完全に退治できていないので安心はできません。
一般的には
(0)水を総入れ替えする
(1)大量のバクテリアを投入する
活かすためには酸素が必要
(好気性のため)
(2)濾過能力をあげる

が、良いようです。

「光を与えない」は結構効きますよ。
影のある部分は増殖しませんでしたので。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミュートンさん、おはようございます。

>この際すべてを暴露しなさいよ~
え~と、女装とぉ~、・・・おっと、つい誘導尋問に。
そんなわけないやろぉ~!!

いえいえ、恥ずかしいので内緒にしておきますよ。
たいしたことはやってませんので。

最近、気になってるのが顕微鏡ですかね。
それと、マラソン再開するか思案中。
かなり肥満してしまったためですが。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)