fc2ブログ
画像処理メモ
 
今日は何時間もかけて画像処理の勉強をしました。
理屈や原理がわかっていないと処理は進歩しないと考え、
徹底的に学んでみました。
かなり納得したつもりです。
理屈や原理がわかると処理も楽しくなるはずで、アイデアも
でますし、応用がききます。
以下は自分用のメモです。重要な点しか記載していません。
ある意味フローチャート的なものです。
これから実際に自分で撮影したデータを使って色々遊んでみます。
 
(0)DNGconvertorでRAWをDNG変換する
    (RAP2処理のため)
(1)RAP2でフラット・ダーク補正
(2)RAW現像はCS5で。パラメータは全てゼロにする
    後からパラメータ変更する
(3)SI7でコンポジット
    加算平均
(4)CS5でヒストグラム調整
    ・左傾斜が切り立っているかの確認
      切り立つポイントは50~70が良い(背景)
      50~70になっていない場合は別途調整
      (画像の四隅が減光していると左傾斜がなだらか)
        →なだらかであればCS5でフラット処理する
          レベル補正レイヤーでグラデーションマスク
    ・山の頂上が揃っているか
    ・右側はなだらかな方が色彩豊か
      交差している場合はRGBが彩度別に色々あるということ
(5)CS5の星雲選択マスクで星雲だけを強調処理
    ・GENTAさんお勧めの白黒フィルターを作る
     他の方法には
       ・色域指定
       ・チャネル減算
       ・レベル補正
     等があるが、白黒がベターという結論
(6)(5)の具体的な方法
    ・マスクを作るためにレイヤーを複製
      レイヤー→レイヤーを複製
    ・白黒変換する
      イメージ→色調補正→白黒
    ・赤とマゼンダ意外はスライダーを左に寄せる
     赤とマゼンダはハイライトが飛ばない程度に右に寄せる
    ・星を消す
      フィルター→その他→明るさの最小値で半径1にする
    ・これで微光星が消える
    ・拡大してみると星雲にブツブツ穴があいている
      このまま星雲を強調すると星の周りに黒い落ち込みが
      できてしまう
    ・ブツブツを埋める
      レイヤー→レイヤーを複製
      レイヤーパレットで比較明にする
      フィルター→ノイズ→ダスト&スクラッチで半径を
      数ピクセル~十数ピクセルにする
      ・これで穴が埋まる
    ・レイヤーを結合する
      レイヤー→下のレイヤーと結合
(7)選択マスクを使って星雲を強調する
   まず、マスク画像をコピーしておく
    ・選択→すべて選択
    ・編集→コピー
   マスクを作るためのレイヤーは不要なので非表示にする
   トーンカーブ調整用レイヤーを作り強調する
    ・レイヤー→新規レイヤー→トーンカーブ
      トーンカーブのダイアログが現れるがOKを押して閉じる
    ・レイヤーパレットの白いマスク画面をALTキーを押しながらクリック
      白い画面が表示される
    ・編集→ペーストで先ほどコピーした星雲選択マスクをペースト
    ・トーンカーブの調整レイヤーをダブルクリックして、トーンカーブ
     で星雲の輝度を持ち上げる
     ハイライト部が飛ばないように注意
   色をコントロールする
    ・もう一つトーンカーブの調整レイヤーを作る
      好みの色にする
   全体的な明るさを調整する
    ・更にもう一つトーンカーブの調整レイヤーを作る
     ただし、星雲マスクは張り付けない
    ・ヒストグラムの山付近を下げる/上げる
 
と、基本はこんな感じ
 
●背景処理の方法
●ノイズ除去
●トーンカーブ
  こいつらも色々わかってきました。
 
なぜ、今まで自分が処理してきた画像が変だったのか
よくわかってきました。
 
と、知ったふりをしていますが、実際やってみると
うまくいかないんですよねぇ~
でも、これが画像処理の面白さなのかもしれません。
 
さてと、今夜は色々やってみるぞぉ~
 
 
スポンサーサイト



 日記  9  0

コメント

No title

タキさん、こんばんは~
どうしたんですかぁ~?いきなりそんなにお勉強されちゃって。
しかし細かい手順までお書きになり、こちらまで勉強になります。
ありがとうございます~。

URL | ATSUJIRODESU ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ATSUJIROさん、こんばんは
コメントありがとうございます。

だって、あまりにもひどい処理結果だったので。
こりゃぁ~ちゃんと勉強しないと、と思い立ったのですよ。
皆さんに少しでも近づきたいのですよ。
理解すれば前進できます。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

タキさん いつのまにか、凄い処理をやられてますねこういうまとめはとても参考になります。
今度お会いした時に教えて下さいな。

URL | いーぐる ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

タキ様
貴重な情報を開示頂き有難うございます。
色々参考になりそうです。
もっとも、元画像の方をもう少し頑張らないといけませんが・・・・・

因みに、どちらで勉強されたのでしょうか?
小生も、一度きちんとした勉強をしてみたいと思っていました。

URL | ウラカン ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

いーぐるさん、おはようございます。
CSのマニュアルは沢山販売されてますが、
天体画像に特化したマニュアルってないですね。
最近やっと一冊販売されましたが、ほんの簡単な処理です。
GENTAさんが作成したマニュアルや、
RUKUさんが作成されたものなどを参考に
色々調べました。
まだ理論の段階なので実際に色々実践(体感)しないと
本当の意味で理解できないので、これからが正念場です。
いーぐるさんに近づけるように頑張ります。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ウラカンさん、おはようございます。
貴重な情報というより、これらはネットやブログ仲間から頂戴したものをまとめただけです。

参考になるならどんどん活用してください。
実際ににはもっと詳細にまとめないとダメですが。

>因みに、どちらで勉強されたのでしょうか?
↑の、いーぐるさんへの返事にも書きましたが、
全てブログ仲間から頂戴したマニュアルとネットでの情報です。
決まったフローはないので、色々個性があり
理解していない者としては結論に悩みました。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

頑張ってますね。送ったマニュアルは、かなり古いのでVerの違いに戸惑ったかもしれませんね。しかし、基本は同じです。星雲マスクの星の消し方は私も参考になりました。
最近、処理方法が公開されることでベテランの処理方法をなぞらえている作品が多くなってきたように感じます。最後は自分の目で判断です。
何のためにやるのか、デメリットは無いかなど目と感性を養う事が大事だと思います。
いろいろとやってみて、自分なりの作品を作り上げてください。

URL | GENTAヽ(^o^)丿 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

GENTAさん、こんばんは
ネットで色々と処理方法を公開していただける
方が多くなりとても参考になります。

これはあくまでも理論的な理解なので後は実践ですね。
理屈通りにいかないので苦戦しています。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

画像処理、短時間で、かなり調べられましたね。
処理方法は、人によって色々と違うので、何が正解とは言えない世界です。
PSを駆使出来れば相当な事が出来るでしょう。
SI7はPSと比べると細かな処理は不十分ですが、デジタル現像・オートストレッチ・画像復元など、
結構良い機能もあるので、両者を併用されると良いと感じます。

URL | ヨネヤン ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)