fc2ブログ
インテリアな水槽のレイアウト
 
今日は熱帯魚の水槽をリレイアウトしました。
前回掃除してレイアウトしたのは約2年前です。
いやぁ~濾過が完璧でした。
前回は一般的なレイアウトでしたが、今回はちょっと変わった感じにしてみました。
まず、流木を加熱処理します。雑菌対策です。
新規に購入した場合も同様にあく抜きの意味で煮沸します。これ重要です。

 
流木が大きくて鍋に入りません。約20分で裏返しします。
この作業ですが、奥様に見つからないようにしてくださいね。
かなり叱られますよ
煮沸した流木を並べてみます。どうレイアウトするかイメージします。

 
イメージがわいたら創作です。
今回は水槽の水を少なくして流木を水面から出します。
組み立ては目ねじを使います。

 
組上がったら、
水面から出た流木には植木しますので、水草が枯れないように
底面濾過した水をくみ上げて流木の上から流れるようにします。
流木の裏側です。チューブで配管します。まるで毛細血管のようです。

 
いよいよ水槽に入れてテストです。

 
水が上から染み出すように流れ始めました。
頂点から8合目付近からは少し多めに水が流れるようにするとカッコ良いです。
出来上がった水槽の様子は以下の通りです。

 
後は、左側に芝生のような水草を一面に這わせるつもりです。
パールグラスを予定しています。
パールグラスとは下のような水草です。
CO2を多く必要とするので添加する予定です。

スポンサーサイト



コメント

No title

早速の水槽ネタありがとうございます。感謝です!
流木はやっぱり煮てあげないとダメですかね?底砂がソイルだと結構吸着してくれるみたいですけど・・ 奥方に見つからずに煮るのは至難の業です(^^;
しかし流木をこのように組み合わせて作るのもセンスが問われそうですね。タキさん凄いなぁ。
ちなみに組み上げようのポンプはどのようなモノをお使いなのでしょう?ライトはメタハラですか?質問ばかりですみません。

URL | RUKU ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

これはかなり凝った飾りですね。準備が面倒でも楽しそうな工作ですね。
流木の隙間を魚君が泳ぎまわってくれると良いですね。

URL | ヨネヤン ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

・タキさん

おはようございます。

流木いいですね~。

確かにアク抜きをしないと

水槽の水がえらい事になりますもんね~。

僕は流木に

ウイローモスをつけていました。


写真を見る限り

魚はグラミーですか?

ブラックライトにすると

キレイに魚が見えますね!!


フィルターは外掛けなんですね!!

90cmの水槽は

とても見応えがありますね!!

URL | paulsmith ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

RUKUさん、おはようございます。
コメント&ご質問ありがとうございます。

流木を煮沸する件:
ソイルによってはあく抜きは必要ありませんが、
あくはソイルの寿命を大きく短縮するので、出来るだけ
あく抜きします。
ソイルの細かい穴があくでふさがってしまいますので。
それと、雑菌と黒ひげとか藍藻対策でもあります。
ポンプの件:
底面濾過を採用しています。そのポンプからくみ出された
水を流木に流しています。底面濾過の方式は一般的なものです。
ただ、このソイルは特殊なもので、ブルカミアです。
千葉県のヒロセというところで開発されたものです。
照明の件:
メタハラではありません。灯光器用のLEDを使っています。
白熱灯で換算すると500W相当です。かなり明るいです。
観賞用のLEDでこの明るさを確保しようとしたら10万円くらい
しますので灯光器用で代用しています。
ちなみに、ネットで数千円です。中華製なので耐久性にあたり/はずれが
あるみたいですが、僕は「あたり」でした。
LEDは波長を確認しないと水草が育ちませんのでご

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

RUKUさん、500文字制限で文字切れしました。

追加文書:
LEDは波長を確認しないと水草が育ちませんのでご注意を!

数文字でした(^^;

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ヨネヤンさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

ちょっと変わった感じに仕上げてみました。
天体画像処理もこのように納得できるようになれば良いのですが・・・
工作は面倒でも2年間周期での作業なので苦にはなりません。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

paulsmithさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

画像では見にくいかもしれませんが、
流木にはウイローモスをつけています。
それとナナです。
上の方には水草ではなく、一般的な草花です。
灯光器が明るいので判別しにくいかもしれませんが、
ピンク色の花がさいています。
濾過方式は底面濾過です。したがってパイプ類は一切見えませんので
すっきりしたレイアウトが実現できています。

流木を空気中に出し、そこをゆっくりと長い時間をかけて流れる
ことによって多くの酸素を取り入れることができます。
この方法はとても理にかなっていると思っています。
バクテリアにとってとても良い環境です。

魚はグラミーとかクラウンローチ、パキスタンローチ、カラシン系が少々です。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

・なるほど!!

クラウンローチもいるんですね!!

僕は小型ばかりだったので

水草ばかり増やしていました。

アフリカンランプアイが好きで

群れで飼育していました!!


底面なんですね。

確かにスッキリしていいですね。

僕は昔、底面と上部を合わせて

濾過命でした!!!

URL | paulsmith ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

タキさん
丁寧にご質問にお答えいただきありがとうございます。
ライトは以前ブログで紹介されていた50WのLEDランプでしたか。
コメントしていましたのに・・物忘れがひどくて行けませんね(^^;

ソイルはブルカミアというのですね。知らなかったので検索してみました。2年間状態を保ってくれるのはありがたいですね。コレ試してみたくなりました。
パールグラスが一面に広がった水槽は綺麗でしょうね!是非実現してください。
私は以前グロッソスティグマで前景作って中々良い感じになったのですが黒ひげやらコケがでて結局アウトでした。水質管理が中々難しいです。

URL | RUKU ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

paulsmithさん、こんばんは
再度コメントありがとうございます。

実は僕もカラシン系の小型だけにしたいのですが、
7年前くらいに飼い始めたローチが元気でして。
パールグラス植えてもローチが全部食べちゃうんですよね。
網でもかけて対策するつもりです。

僕も以前は上下でろ過していましたが、
画期的なろ材を得てから底面だけにしました。
メンテがすごく楽なのと、上からLEDを照射したかったのです。
光源が点だと水中がキラキラと自然界みたいで気に入っています。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

RUKUさん、こんばんは
再度コメントありがとうございます。

ブルカミアは今まで経験したろ材では最高です。
比較にならないほどです。絶対にお勧めです。

この水槽はコトブキの900Rですが、ろ材はなんと16キロも入れています。
バクテリアはBioスコールを使っています。
ご承知だとは思いますが、
惜しみなく与えることによって、植物性と動物性のバランスがとれますので、
コケはほとんど生えません。
コケが出そうな雰囲気になったらバクテリアをふんだんに入れます。
ただし、黒ひげだけはなかなか防げませんね。
黒ひげ対策はとにかく流れを小さくすることですね。
黒ひげが生え始めたら流れをほぼ停止させています。
こういった点では今回の流木を流す方法は流れがほとんどできませんので有効だと思っています。

ちなみに、魚を疎開させて水草水槽に適度にお酢をいれてあげると
黒ひげは1週間程度で退治することができますよ。
入れすぎると水草もアウトですのでご注意を!

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

RUKUさん、追伸です。
お酢を入れるとバクテリアもほとんど死滅すると思っています。
水替えしてバクテリアを入れなおします。
ただし、水替えして1週間ほどしてからバクテリアを入れないと
ろ材の中にお酢の成分が残っているので死滅すると思っています。
実際に見ることができないので推測です。

URL | タキ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)